トップページ    戻る    会社概要

循環温泉・温水プールに塩素を使わない画期的な殺菌システム
<塩素臭のない安全な循環水を>

超微粒子強磁性フェライトフィルター
ナノフィルター

温泉・温浴施設・温水プールに最適
塩素を使わないレジオネラ属菌対策
大腸菌・黄色ブドウ球菌・ウィルスなども殺菌します
ナノフィルターによる殺菌のイメージ
『塩素無し』でも『水を通すだけ』で菌は殺菌され
温泉成分など水質は変わりません
環境に優しい 画期的な殺菌方法
電源不要・薬剤不要・常温殺菌
安価・普通ゴミとして廃棄可
塩素を使わないでも温水中で増殖するレジオネラ属菌などを殺菌することが可能な画期的な殺菌方法が発明されました(特許取得済み)。
元東京工科大学教授・石橋新一郎博士が考案したフィルターは、水を通すだけでナノフェライト粒子の極微少磁界による渦(うず)電流の作用でレジオネラ属菌等の細菌を分解・殺菌します。

有害な塩素で殺菌する時代は終わりました。

お問い合せ先
日本ナノフィルター株式会社
住所: 228-0001 神奈川県座間市相模が丘6−34−3−601
電話:046-256-2206
<関連団体>
IES研究所: 神奈川県相模原市相原1−21−2
電話: 042-771-6601
NPO法人 微生物防除研究会 (  画期的な殺菌方法を普及するNPO法人です)


 画期的な殺菌システム <ナノフィルター> 

ご存じですか? 循環温泉で塩素を使わなくともレジオネラ属菌が発生しない温泉があることを。
公衆浴場でレジオネラ属菌による感染事故が発生し、厚生労働省通達によりレジオネラ属菌対策が必須とされましたが、「レジオネラ属菌対策 イコール 塩素」ではありません。(*1)
塩素系薬剤によらないレジオネラ属菌対策は幾つかありますが、浴槽水への塩素使用ゼロでもレジオネラ属菌を安定的に発生させないことが確認されている唯一の方法が超微粒子強磁性フェライトの「ナノフィルター」です。(*2)
しかも、ナノフィルターによるレジオネラ属菌対策は、設備費用が非常に安く済む上に、ランニングコストも塩素系薬剤よりも安価で経済的な殺菌方法です。
「そんな上手い話があるはずがない」と思わるかも知れませんが、実際にお客様の「塩素臭い」という声に耳を傾け、ナノフィルターを採用し塩素をほとんど使わなくした温泉が増えています。天然温泉水の循環方式であるにもかかわらず、実際に塩素系薬剤をほとんど使わずレジオネラ属菌「ゼロ」を達成しているため、「塩素臭がしない温泉」と好評です。(*3)

更にこんな事にも有効です
・ 泉質がアルカリ性と言いながら、塩素系薬剤を加えているために実際の浴槽水は酸性になってしまっている。
・ 薬草や湯の華などの入浴剤を加えたのに、塩素と反応して変質・変色してしまう。
・ 建物・設備が塩素で腐食したり、塗装が劣化したりしてメンテナンス費用がかかる。

以下は実際にナノフェライトフィルターで黄色ブドウ球菌を殺菌した電子顕微鏡写真と、通常に営業中の循環温泉でナノフェライトフィルターを使用して塩素濃度を漸減しつつレジオネラ属菌の検査を行った結果です。

以下はナノフェライトフィルターを使用した場合の循環温泉装置のイメージと、ナノフィルター装置の設置写真です。


*1:厚生労働省健康局長通知、公衆浴場における衛生等管理要領の改正について、別添 2、健衛発第 0214004 号
  (平成15年2月14日)などでは、「塩素系薬剤が使用できる浴槽水であっても、適切な衛生措置を行うのであれば
  塩素系薬剤以外の消毒方法を使用できる」とされています。
*2: ナノフィルターは不織布に超微粒子フェライトを塗布したフィルターで殺菌を行う、無害で環境に優しい殺菌方法です。
*3: 尚 浴槽・パイプなどの定期清掃には従来通り塩素系薬剤を使用します。

 トップページ    会社概要